猫がもてなしてくれる宿オーベルゼ レ・ボーに宿泊(九州・沖縄旅行、2015年4月、その4)

九州・沖縄旅行二日目の宿は別府温泉でも由布院温泉でもなくオーベルゼ レ・ボーという宿に宿泊しました。ここは猫がもてなしてくれるとても素敵な宿で今回の旅行の楽しみの一つでもあります。

地図&参考リンク

場所は由布院温泉から車ですぐのところにあります。外観はこんな感じ。

オーベルゼ レ・ボー

さっそく前の通りに猫ちゃん発見。人懐こい猫ちゃんですりすり寄ってきてくれます。

オーベルゼ レ・ボー

オーベルゼ レ・ボー

この宿では部屋が2つしかないので2組しか宿泊できません。部屋は1階にリビング2階にベットが置いてあります。

オーベルゼ レ・ボー

オーベルゼ レ・ボー

部屋のドアは猫ちゃんが自由に出入りできるようにチェックインの時からチェックアウトの時まで少し開けておきます。すると猫ちゃんが部屋に遊びに来てくれます。最初に遊びに来てくれたのはこの子です。

オーベルゼ レ・ボー

他のネコが階段を駆け上がっていったので2階のベットを見に行くとこの子がゴロゴロしていました。

オーベルゼ レ・ボー

このようにこの宿では猫ちゃん達が自由に部屋に遊びに来てくれます。写真を撮れなかったのが残念ですが、猫ちゃんがとかげを咥えて部屋に持ってきた時はびっくりしました。少し目の前で離したりまた捕まえなおしていたのですが、またどこかへ持っていきました。別の部屋の方に見せにいったのかもしれません。

廊下には現在居る猫ちゃんたちの相関図が貼ってありました。

オーベルゼ レ・ボー

夕食は豊後牛のすき焼きと関アジ姿造りです。料理はテーブルいっぱいに出てきましたのでお腹がはちきれそうになるくらい頂きました。

オーベルゼ レ・ボー

オーベルゼ レ・ボー

食事の間も猫ちゃん達は遊んでくれます。

オーベルゼ レ・ボー

部屋の中には猫ちゃん達と遊ぶグッズがいっぱい置いてあります。この子は一人でグッズをひっかきまわして頭にずっと何かついていました。

オーベルゼ レ・ボー

寝る時も猫ちゃんたちは一緒に寝てくれます。2つのベットにそれぞれ一匹ずつ一緒に寝ました。自分と一緒に寝てくれた猫ちゃんは腕枕状態で自分の上にずっといたのですが、風邪を少し引いていたらしく鼻息が荒くて大変でした(笑)。

翌朝、朝食の前に宿の前を散歩していると猫ちゃん達がさっそく近寄ってきてくれます。

オーベルゼ レ・ボー

オーベルゼ レ・ボー

他の子たちもどっからともなく集まってきました。

オーベルゼ レ・ボー

オーベルゼ レ・ボー

じゃれあって遊んでいます。

オーベルゼ レ・ボー

オーベルゼ レ・ボー

朝食はパンと野菜です。美味しいだけでなく見た目も色鮮やかでした。

オーベルゼ レ・ボー

朝食の間ももちろん遊んでくれます。

オーベルゼ レ・ボー

抱きかかえてみるとこの子は結構大きいですね。

オーベルゼ レ・ボー

猫ちゃんたちのサービス精神はもちろんのこと、宿の方もとても親切な素敵な宿で一晩楽しく過ごすことができました。また機会があれば絶対に宿泊したいところです。

-- --

前の記事:大観峰~別府地獄めぐり~由布院(九州・沖縄旅行、2015年4月、その3)

次の記事:高千穂峡~桜島~指宿温泉(九州・沖縄旅行、2015年4月、その5)

名称:オーベルゼ レ・ボー
住所:大分県由布市湯布院町川北899-139

湯布院 猫ちゃんおもてなしの宿 オーベルゼ レ・ボー

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。