曽爾高原で黄金色に輝くススキの草原を楽しんできました(2010年11月)

曽爾高原は奈良と三重の県境付近にある草原でススキが一面に生えていることで有名です。黄金に輝く野原を見てみたくて行ってきました。

赤目四十八滝を見た後、曽爾高原へ向かいます。途中切り立った崖の木々が紅葉していたり、先が尖った山(後で調べたら鎧岳というそうです)があったりと途中も楽しませてくれました。

曽爾高原 2010
曽爾高原 2010
曽爾高原 2010

曽爾高原に到着しました。地図を見るとこんな感じのようです。

曽爾高原 案内図 2010

曽爾高原はひたすら広い草原にススキがどこまでも生えているところです。あいにく天気が快晴というわけではなかったのが残念ですが、夕暮れの時などに来るとススキが黄金色に輝き一面が黄金色になるとのことです。

曽爾高原 2010
曽爾高原 2010
曽爾高原 2010
曽爾高原 2010

長い時間、ススキの中をあっちに行ったりこっちに行ったりしていました。

曽爾高原からすぐのところに「お亀の湯」という日帰り温泉があります。ここに立ち寄って冷え切った体を温めて少し休憩していきました。

曽爾高原 お亀の湯 2010
曽爾高原 お亀の湯 2010

曽爾高原だけで来るには少し遠いところですが、赤目四十八滝の近くにありますので是非一緒に回られてみて下さい。

地図&参考リンク

名称:曽爾高原
住所:奈良県宇陀郡曽爾村大字太郎路