モリコロパークの巨大なじゃぶじゃぶ池で水遊びを楽しみました(2018年7月)

連日猛暑が続いており外出するのも大変なくらいですが、今日は今年初めての水遊びをしにモリコロパークへ行ってきました。

水のエリアへおすすめの西駐車場へのルート

モリコロパークで水遊びができるエリアは正式には「水のエリア」といいますが、水のエリアに行くときにおすすめの駐車場は西駐車場です。名古屋方面から西駐車場へ向かうルートは次の通りです。

愛・地球博記念公園駅がある交差点ではなく、少し前のIKEAがある交差点を右に曲がっていくことで西駐車場に行くことができます。

西駐車場から水のエリアへ

西駐車場に車を停めたら左へ曲がります。

すぐに立体交差がありますので、下をくぐって進んでいきます。立体交差は2つ続いています。

2つ目の立体交差を過ぎたら右に曲がって下さい。

水のエリアに到着しました。

大きなじゃぶじゃぶ池で遊ぼう

水のエリアに到着したばかりの時はまだ涼しくて人も空いていたのですが、お昼に向かってどんどん気温も高くなり人も増えていきました。いくつかの段に分かれており、一番下が一番水深が浅く水の下に石もありません。上に向かうと少しだけ水深が深くなり石が敷き詰められていきます。

一番上には上に上ることができる小さな塔があり、その塔からは四方八方に水が噴き出しています。来たときにはどちらかの幼稚園の子供たちが元気に遊びまわっていました。

他にもあちこちに水に関して遊ぶことができる仕掛けが用意されています。

着替えなどをする場所はありませんが、簡易テントは自由の設置できるようです。長い時間滞在される場合やお子さんの休憩が心配な場合などは簡易テントを持っていかれるといいかもしれません。

なおオムツが取れていない小さなお子さんでも水遊び用のオムツを履いていれば大丈夫です。水遊び用のオムツは水のエリアのすぐ横にある売店でも販売されていました。

今日も1時間半ほどあっちこっち移動したり水鉄砲で遊んだりしてから帰宅しました。今日は10時半ごろ到着しましたが、まだ荷物をおけるベンチなども空いていて水温もほどほどに冷たく気持ちよかったです。

地図&参考リンク

名称:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1

こどものひろば(自然体感遊具・愛知県児童総合センター・大観覧車)