名古屋市港区にある巨大なプール「サンビーチ日光川」で波の出るプールを楽しみました(2018年8月)

名古屋市内でプールが楽しめるサンビーチ日光川へ行ってきました。海のすぐ近くですが海水ではなく真水のプールです。赤ちゃんでも水泳用オムツで入ることができます。大きなプールに砂浜、そして波の出るプールで楽しんできました。

河川環境楽園内の水遊びができる場所について

今日は快晴の土曜日、そして本日からお盆ということもあって大変な混雑が予想されたので、少し遅い時間の午後4時頃にサンビーチ日光川に到着しました。閉園時間が午後6時でこの時間まで外に出なければいけないためあまりプールに入っている時間はありませんでしたが、駐車場は待たずに入れますし、プールの入り口すぐ近くに車を停めることもできました。

入場料は大人が1,500円。朝から来て一日居るのであればいいのですが今日のように夕方に来た場合は少しお高めです。6歳未満の幼児は無料です。入場料を支払って中に入ると更衣室があります。更衣室は比較的広めで誰かとぶつかりながら着替えることはありません。また床も水に塗れる心配はないので子供連れには大変助かりました。

初めてきたこともあって1つ失敗したのですが、ビーチサンダルのようなものを何も持ってきませんでした。更衣室を出てプールまでは地面が少々汚れているところもあり、また非常に熱いところもあります。ビーチサンダルのようなものは持ってきた方がいいです。

プールは大きく分けて3つあり、子供用のキッドプール、ビーチプール、ウェーブプールです。キッドプールは水深が浅く船に乗って遊んだりすべり台をしたりすることができるようになっていました。

ビーチプールも場所によっては水深が浅かったので、今回はキッドプールには入りませんでした。なおキッドプールの奥には大きなウォータースライダーがありました。

そして中央にあるビーチプールですが、とにかく広いです。どれだけの人が泳げるのか分からないくらいの大きさでした。

ビーチプールはキッドプール側が水深が浅く、ウェーブプール側へ向かって徐々に深くなっていきます。水深が浅いところは小さなお子さんでも安心して遊べます。

そしてビーチプールの横は人口の砂浜が用意されています。

プールの休憩時間にはこの砂浜で楽しそうに砂遊びをしていました。自然の海岸と違って貝殻など危険なものはありませんので安心です。

そして最後にウェーブプールです。30分毎に10分間程度波を楽しむことができます。小さな子供と一緒だったので一番端のところにいたのですが、結構な勢いで波が押し寄せてくるので周りにいたお子さんも波が来るたびに後ろへ流されていきそうになります。それが楽しいのか、楽しそうな声が響いていました。

来た時間が遅かったので閉館時間まであっという間でしたけど、家族でプールを楽しむことができました。簡易テントなどは持ち込み可能なようなので、平日の空いている時にゆっくり来てみたいですね。

地図&参考リンク

名称:サンビーチ日光川
住所:名古屋市港区藤前5丁目901

名古屋のワイキキ・ビーチ 南国ムード一杯の広大なプール サンビーチ日光川 名古屋